sounansa.net

フラットデザインのアイコンは目立つのが難しいので、こんな風にしてみた

アプリのアイコン

スポンサーリンク

Pocket

フラットデザインが流行ってしまっていることに対する心境は複雑です。

WEBサイトのデザインでは、いくらか工数削減にはつながっていると思いますが、アプリのアイコンについてはAppstoreで目立つようにするためにはフラットデザインは難しいです。

フラットデザインの定義の認識として合ってるか良く分かりませんが、
1.光沢やグラデーションは使わない、もしくは極力控えめに。
2.リアルにごちゃごちゃ描画しないでシンプルに表現すること
3.色をあんまり使わない
といったようなものと自分では解釈しております。

リアルなオブジェクトの画像をIllustratorで作成しない言い訳として、フラットデザインが今のトレンドですよと説得するのは良いのですが、アイコンが目立たなくてダウンロードされなければ本末転倒です。

フラットデザインでアイコン作ってねと要望を受けて、いざ作ってみたら「うーん・・・。なんかパッとしないねぇ。もう少し目立たせることできないかなー」なんて言われることも多いような気がします。

で、いまさら凝ったイラスト描くのはかったるいーってなわけで、自分は太めのアウトラインを付け加えて、カートゥーン調にしてしまうことも。

これは僕のiPhoneだけど、カボチャのアイコンが社内システムとして最近作ったもの。

iphone home

「もはやそれはフラットデザインじゃねーよ」という突っ込みはデザイナー以外の一般人からは出ないようです。でも許してください、愛する家族のもとへ早く帰るためにリッチなイラスト描くための残業を僕はしたくないのです。

とはいえ、本心ではアプリのアイコンはやっぱりリッチな画像で作っったほうが反応が良いと思ってます。(ジャンルにもよるかもしれないけどね)

フラットデザインだと、本気モードの企業アプリと個人アプリの区別がつきにくいですよね。結局、高級感というかお金かけてるぞというわかりやすい見た目の信頼感からリッチ画像へ原点回帰しそうな気がするのは僕だけでしょうか。

スポンサーリンク

comments powered by Disqus
Top Copyright © sounansa.net All Rights Reserved.